利用規約・ポリシー

CANDY EGGサービス利用規約

最終更新日:2018年8月27日

【変更のお知らせ】 

 

限定ベータ版に関する記述を削除しました。

「本サービスの保証と免責」の利用料の条件を変更しました。

はじめに

クラウドサービスCANDY EGG(キャンディエッグ)をご利用いただきありがとうございます。

本規約は、株式会社CANDY LINE(以下、CANDY LINEとします)が提供するクラウドサービスCANDY EGG(以下、本サービスとします)をご利用されるすべての方(以下、ユーザーとします)に共通して適用されます。

 

ユーザーは、本サービスのご利用申し込み時に、本規約に同意する必要があります。この同意をもって、ユーザーは本規約に拘束されます。

本サービスの利用

ユーザーは、本規約やプライバシーポリシー、並びに法律を遵守して本サービスを利用してください。

ユーザーが本規約やプラバシーポリシーを遵守していないとCANDY LINEが判断した場合、あるいはそのような行為と疑われる行為についてCANDY LINEが調査する場合、CANDY LINEはユーザーに対する本サービスの提供を一時的、もしくは恒久的に停止することができます。

 

CANDY LINEは、利用プランに基づき本サービスの利用に関する制限をユーザーに適用することができます。

例えば、ユーザーはデータベースに保存するデータ量に制限が適用されます。ユーザーは、利用プランで定められた制限やリソースの割り当てを超えて本サービスを利用することはできません。

CANDY egg アカウント

ユーザーは、本サービスを利用するためにCANDY EGGアカウントの作成が必要となります。

ユーザーは、CANDY EGGアカウントを作成する際に、正しい名前、名称、メールアドレスを登録しなければなりません。

ユーザーは、CANDY EGGアカウントを大切に管理してください。もし、第三者に不正にアクセスされていると気付いた時は、直ちにCANDY LINEサポート(support@candy-line.io)へ連絡してください。

ユーザーが13歳未満の年齢である場合は、CANDY EGGアカウントを作成することはできません。

ユーザーは、いつでもCANDY EGGアカウントを削除し、利用を中止することができます。

一度CANDY EGGアカウントを削除すると、そのアカウントのデータは全て破棄されます。復元することはできませんのでご注意ください。

 

CANDY LINEは、サービスに関する情報の通知のため、CANDY EGGアカウントに指定されたメールアドレス宛にメールを送信することがあります。ユーザーは、メールを不要と判断した場合はそのメールの中に記載されたリンクから、通知を解除することができます。ただし、CANDY LINEが重要と判断する通知に関しては、すべてのユーザーにメールを送信することがあります。

料金と支払い方法

ユーザーは、CANDY LINEが別途定める利用プランの利用料金に基づき、CANDY LINEが指定する方法で支払いを行います。

 

CANDY LINEはユーザーが支払いをした料金についてユーザーの理由の如何を問わず返金しません。このため、CANDY EGGアカウント解約の際には返金はありません。

 

CANDY LINEは、支払いの遅延を見つけ次第速やかにユーザーに支払い遅延の通知と解約予告を行います。

ユーザーの支払いが遅延した場合、7日以内にお支払いいただけない場合は、CANDY LINEは強制的にユーザーの退会手続きを行います。CANDY LINEは、この退会手続きに伴って発生する逸失利益、逸失売上、データの紛失、金銭的損失、間接損害、特別損害、結果損害もしくは懲罰的損害について責任を負いません。

ユーザーのデータとコンテンツ

本サービスを利用して、ユーザーはデータやコンテンツをアップロード、ダウンロード、送信、受信、または配布を行うことができます。ユーザーはそれらのコンテンツに対して保有する知的財産権を引き続き保持します。よって、ユーザーが所有するデータやコンテンツは、本サービス上で利用してもユーザーの所有となります。

 

本サービスを利用して、ユーザーがデータやコンテンツをアップロード、ダウンロード、送信、受信、または配布を行えるようにすると、ユーザーはCANDY LINE(及びCANDY LINEと協働する第三者)に対して、そのデータやコンテンツをホスト、保存、複製、送信を地域に限定なく許可するものとします。ただし、その目的は本サービスの運用(例えば、データバックアップ・復元機能の提供)や本サービスの機能改善に限定するものとします。

CANDY LINEが収集するデータ

CANDY LINEは本サービスの機能改善や利便性向上のために、本サービスの利用状況を分析し、運用状態を監視(障害対応含む)します。このような利用状況分析や監視・障害対応を行うために、CANDY EGGユーザーアカウントの情報に加えて、以下のユーザー情報を収集します。

  • Google Analyticsを利用したアクセス解析に必要な情報(IPアドレス、ブラウザーの種類など)
  • ユーザー環境の動作情報(CPU利用率、使用メモリー量、ファイルサイズ、DBサイズなどの統計情報、ログ、フローエディターで作成されたフローの統計情報(ノードの数やコネクターの数など。フローファイルそのものは収集しません))

禁止行為

本サービスを利用するあらゆるユーザーは、以下の行為を行なってはなりません。

  1. 法令、裁判所の判決、決定もしくは命令、または法令上拘束力のある行政措置に違反する行為
  2. CANDY LINE、本サービスまたは第三者の著作権、商標権、特許権等の知的財産権、名誉権、プライバシー権、その他法令上または契約上の権利を侵害する行為
  3. 犯罪行為に関連する行為
  4. 公の秩序または善良の風俗を害するおそれのある行為
  5. 異性交際に関する情報を送信する行為
  6. 本サービスの設備や運営に支障を与える行為
  7. コンピューター・ウィルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報を配布する行為
  8. その他、CANDY LINEが不適切と判断する行為

本サービスの更新

本サービスのソフトウェアは、自動的に更新が行われます。

本サービスの変更または終了

CANDY LINEは、本サービスの変更や改善のため、機能追加、変更、削除を行うことができます。また、CANDY LINEは、本サービスの一時停止または終了を行うことができます。

CANDY LINEは、本サービスの一時停止や終了を行う時は、少なくとも30日前に事前に合理的な方法でユーザーへ通知を行います。

本サービスの保証と免責

CANDY LINEは、本規約で明示されている事項を除き、本サービスについてその信頼性、利用可能性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどの欠陥、エラーやバグ、権利侵害について何らの保証や約束をしません。本サービスの提供は「現状有姿で」行われます。

CANDY LINEは、法律で認められる範囲において、全ての保証を排除します。

 

CANDY LINEは、法律で認められる範囲において、本サービスに起因する逸失利益、逸失売上、データの紛失、金銭的損失、間接損害、特別損害、結果損害もしくは懲罰的損害について責任を負いません。

また、CANDY LINEの過失(重過失を除く)による債務不履行または不法行為によりユーザーに生じた損害の賠償は、ユーザーへ当該損害が発生した時点の契約に対してCANDY LINEがユーザーに請求した利用料の額を上限とします。

CANDY LINEは、いかなる場合であっても、合理的に予見や予測することができない損失または損害については、何らの責任も負いません。

本サービスの事業利用

本サービスをユーザーの事業に利用する場合は、商用・非商用を問わず全て本規約に同意しなければなりません。

事業者としてのユーザーは、本サービスの利用または本規約への違反に関連または起因するあらゆる請求申し立て、訴訟、法的措置について、請求申し立て、損失、損害、訴訟、裁判、告訴から生じる法的責任および費用、弁護士費用を含め、CANDY LINEやCANDY LINEの役員、それにCANDY LINEの従業員を免責および補償するものとします。

規約の変更

CANDY LINEは、本サービスの変更や改善に伴い本規約を修正することがあります。ユーザーは、定期的に本規約を参照するようにしてください。

CANDY LINEは、本規約の変更をこのページに表示します。変更は、通常通知を行なってから14日後に発効します。ただし、本サービスの機能変更に伴う場合や、法律の改正に伴う変更の場合は直ちに発効します。

ユーザーは、規約の変更を確認し、その内容に同意できない場合は直ちに本サービスの利用を停止してください。

紛争解決と準拠法

本規約は日本語を正文とし、その準拠法は日本法とします。

本規約または本サービスに起因する、または関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。